首相速断、慎重論振り切る 「継承」で保守つなぎ留め/検証・安倍氏国葬決定

 安倍元首相国葬決定までの動き
 安倍元首相国葬決定までの動き
銃撃され亡くなった安倍晋三元首相の国葬実施が決まった。事件から2週間後の閣議決定。岸田文雄首相が速断したのは、安倍氏の遺志継承を明確にし、安倍氏がまとめてきた保守勢力の政権支持をつなぎ留めるため。今後の圧力を予想し、機先を制した。ただ、ほぼ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録