Free岡三沢小VBクラブ、全国大会へ闘志 ベスト8目指す

全国大会での健闘を誓う岡三沢小VBCのメンバー
全国大会での健闘を誓う岡三沢小VBCのメンバー

8月に開かれる、第42回全日本バレーボール小学生全国大会(日本バレーボール協会など主催)に、三沢市の岡三沢小バレーボールクラブ(VBC)が青森県代表として出場する。11年ぶり3度目となる全国大会を前に、メンバーは「ベスト8を目指して頑張りたい」と意気込んでいる。

 全国大会は8月9~12日に東京体育館を主会場に開催され、全国から48チームが出場。岡三沢小VBCは、7月3日に青森市のマエダアリーナで開かれた県大会で、横浜VBCを2―0で破り、全国大会への切符を獲得した。

 選手12人と根岸美恵子監督らは14日、三沢市公会堂で小桧山吉紀市長と山内康之教育長に出場を報告。キャプテンの田中ここみさん(12)は取材に「新型コロナウイルスで練習もままならなかったけれど、本番では全力を出したい」と笑顔を見せた。

 小桧山市長は「体調に気を付け、生き生きと楽しくプレーしてきてほしい」と激励した。

 岡三沢VBCの初戦は8月10日、滋賀県代表の金田バレーボールクラブと対戦する。

お気に入り登録