【貨物船座礁】百石町漁協、今季の定置網漁実施へ 撤去未完了も「生活優先」

八戸港沖で昨夏発生したパナマ船籍の貨物船座礁事故に絡み、おいらせ町の沖合で油の浮遊が確認された問題で、百石町漁協(同町)は21日、今季の定置網漁を行うことを決めた。船体の撤去作業が当初の予定より遅れる見通しとなったことなどを踏まえ、漁業者の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録