きょう決勝 工大一と八学光星、甲子園懸け激突/高校野球青森

捕手を座らせた投げ込みで調整する工大一の廣野風雅=弘前工野球場(写真上)相手投手を想定した打撃練習に励む八学光星ナイン=八戸学院室内練習場(同下)
捕手を座らせた投げ込みで調整する工大一の廣野風雅=弘前工野球場(写真上)相手投手を想定した打撃練習に励む八学光星ナイン=八戸学院室内練習場(同下)
第104回全国高校野球選手権青森大会は最終日の22日、弘前市はるか夢球場で決勝が行われる。甲子園への切符を懸けて激突するのは、12年ぶりの聖地を目指す工大一と、3年ぶりの夏制覇を狙う八学光星。八戸勢が決勝でぶつかるのは、両校が対戦した201.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録