【連載・瀬戸際の八戸中心街】第1部 ⑤新ビジョン

三春屋の閉店もあって、人通りが少ない八戸市十三日町。街づくりの新たなビジョンを描くには、関係機関の主体性が不可欠だ=21日
三春屋の閉店もあって、人通りが少ない八戸市十三日町。街づくりの新たなビジョンを描くには、関係機関の主体性が不可欠だ=21日
「三春屋が閉店して非常に寂しい」「八戸市や周辺地域全体の問題として捉え、考えることは有意義だ」 三春屋が閉店した4月以降、本紙の読者投稿欄「こだま」には、中心街に関する意見が相次いで寄せられている。 幼少期から通った老舗の思い出、三春屋の跡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録