Free朝のニュースダイジェスト(7月22日)

【小中学校で終業式】
 青森県内の多くの小中学校で21日、1学期の終業式が行われた。子どもたちは勉強や運動に打ち込んだ約4カ月間を振り返るとともに、夏休みへの期待に胸を膨らませた。

 【サーモンの血を海に投棄、養殖業の男逮捕】
 養殖サーモンの生け締めで発生した血液を海に投棄したとして、青森署などは21日、廃棄物処理法違反の疑いで、深浦町のサーモン養殖業者「日本サーモンファーム」の社長の男(40)=青森市桜川2丁目=を逮捕。容疑を認めている。

 【青森コロナ1563人感染、最多更新】
 青森県は21日、県内で1563人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの公表数は2日連続で千人を超え、過去最多となった。八戸市では479人と最多を更新し、同市を中心とする八戸圏域の病床使用率は再び70%台に突入。

 【岩手は975人、過去最多】
 岩手県は21日、新たに975人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者数としては過去最多を更新。県北地方では、久慈保健所管内で48人、二戸管内では1日当たりで過去最多の36人が感染。

 【野田で人工海水プールが復活】
 東日本大震災の津波で被災した野田村の十府ケ浦海岸で23日、浜辺の一角を掘り下げた夏限定の人工海水プールが、2010年以来12年ぶりに復活する。防潮堤工事など津波防災に関するハード整備が完了し、ようやく再開の運びとなった。

お気に入り登録