【県中学校体育大会】攻守かみ合わず/ソフトボール準Vの七百・六戸・上北

ソフトボール決勝に臨んだ七百・六戸・上北は攻守がかみ合わず、無念の零封負け。山田未桜主将(七百)は「苦手な内角の球が打てなかった。単純に悔しい」と肩を落とした。 何度も得点圏に走者を進めながら、得点打が出なかった。守備では三回まで先発松山結.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録