「羽生色」染めて名演目に クラシックに和、ロックも

海外のトップ選手からも「神様」と呼ばれる羽生を語る上で、数々の名プログラムは欠かせない。細かな音にまで気を配るスケーターは、クラシックや和楽器の音色が入った音楽、ロック曲さえも羽生色に染め上げた。 ファンの間で「伝説」として語り継がれるのが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録