困窮「今月死ぬ」と決意か 安倍氏銃撃の容疑者

安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件で、殺人容疑で送検された山上徹也容疑者(41)が「金がなくなり、7月中には死ぬことになると思った。その前に殺そうと思った」という趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。容疑者は少な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録