【廃液冷却一時停止】六ケ所村や県、通報の遅れ指摘

日本原燃は19日、使用済み核燃料再処理工場で2日に高レベル放射性廃液貯槽が一時冷却できなくなった問題を巡り、六ケ所村や青森県、原子力規制委員会に調査結果と対策を報告した。村や県からは再発防止の徹底を求める声とともに、通報の遅れを指摘する声が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録