Free演奏すると花の映像出現 “映える”ストリートピアノ 三沢「みーくる」に設置

三沢駅前交流プラザ「みーくる」に設置されたストリートピアノとミュージックタペストリー。白い服でスクリーンの前に立つと花が投影される
三沢駅前交流プラザ「みーくる」に設置されたストリートピアノとミュージックタペストリー。白い服でスクリーンの前に立つと花が投影される

青森県内にストリートピアノを増やす活動をしている民間団体「青森・弘前にストリートピアノを」(蛯名ミカコ代表)は15日、青い森鉄道の三沢駅前交流プラザ「みーくる」2階の待合スペースに、誰でも自由に演奏できるストリートピアノと、演奏に合わせて絵がつくり出されるミュージックタペストリーを設置した。

 街のにぎわいづくりが目的。同団体が、カシオ計算機に機材提供の協力を依頼した。市内ではスカイプラザミサワに続いて2台目。

 ミュージックタペストリーは、最新の音楽解析技術により、音階や曲調などに合わせてリアルタイムで絵を描くもの。音に合わせて色とろどりの花や葉がスクリーンに飛び出し、曲を弾き終わると世界に一つだけのブーケが出来上がる。

 同団体の佐井新太郎さんは「白いシャツでプロジェクターの前に立つと花がきれいに投影される。“映えスポット”としても楽しんで」とPRしている。

 青森市のピアニスト、平川達朗さんが演奏で設置を祝った。

 施設を管理する市産業観光課によると、演奏可能時間は午前10時~午後6時。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録