病床逼迫なら行動制限も 厚労相、流行「第7波」

後藤茂之厚生労働相は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの流行「第7波」を巡り「病床が逼迫する事態が見込まれれば、行動制限を含む実効性の高い強力な措置を講じることになる」と重ねて強調した。 感染者数の増大、重症化リスクの高い高齢者への感染.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録