海外で鍛錬、重い扉開ける/陸上100サニブラウン初の決勝

 陸上世界選手権の男子100メートル決勝で力走するサニブラウン・ハキーム(右)=16日、米オレゴン州ユージン(共同)
 陸上世界選手権の男子100メートル決勝で力走するサニブラウン・ハキーム(右)=16日、米オレゴン州ユージン(共同)
重い扉を90年ぶりにこじ開けた。陸上男子100メートルで23歳のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が16日、米オレゴン州での世界選手権で日本選手として初めて決勝の舞台を踏んだ。五輪を含めても、1932年ロサンゼルス五輪の吉岡隆徳.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録