天鐘(7月18日)

詩人のまど・みちおさんは、全ての生き物に優しいまなざしを向け、ユーモアにあふれる作品を多く残した。「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」などの童謡はよく知られる▼「するめ」と題する一編の詩がある。〈とうとう/やじるしに/なって/きいている/うみ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録