接近見逃し、警護に浮かぶ問題点 検証本格化、G7も見据え

 安倍元首相銃撃現場の状況
 安倍元首相銃撃現場の状況
安倍晋三元首相が奈良市内で街頭演説中に銃撃され、死亡した事件で、警察庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」が14日から現地入りし、本格的に活動を始めた。容疑者の接近見逃し、SP(警護官)らの対応、警備計画の適否―。当時の問題点が浮き彫りに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録