【連載・瀬戸際の八戸中心街】第1部 ①兆 候

52年の歴史に終止符を打った三春屋。従業員もさまざまな思いを抱えて閉店を迎えた=4月10日、八戸市十三日町
52年の歴史に終止符を打った三春屋。従業員もさまざまな思いを抱えて閉店を迎えた=4月10日、八戸市十三日町
4月10日午後6時半、市民に親しまれてきた老舗百貨店が、52年の歴史に終止符を打った。八戸市十三日町の三春屋。営業終了を告げる「蛍の光」のBGMが寂しく響く。 正面入り口前には100人以上の市民が駆け付けた。「ありがとう、三春屋」。別れを惜.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録