Free朝のニュースダイジェスト(7月18日)

【816人感染 青森】
 青森県は17日、県内で816人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。日曜の1日当たりの公表数で過去最多となる。八戸市は過去最多だった前日と同数の383人。

 【岩手は554人】
 岩手県は17日、新たに554人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県北地方では、久慈保健所管内で19人、二戸管内で20人が感染。

 【23日に規制解除】
 三沢市中心商店街を通る県道三沢十和田線の一方通行規制が23日、約半世紀ぶりに解除される。長年にわたり対面通行の実現を求めてきた市商工会や地元の商業者は、利便性と回遊性の向上による地域経済の回復に期待を寄せる。

 【県中体育大会が開幕】
 第73回青森県中学校体育大会夏季大会は17日、県内各地で競技がスタートし、14競技に熱戦を展開。県南勢は柔道女子団体で根城が準優勝。水泳では男子50メートル自由形で金澤岳踏(八戸東)、女子400メートル個人メドレーで佐々木珠南(同)が大会新Vを飾った。

 【主役級ダンサーに昇格】
 八戸市出身で、国内屈指の人気を誇る「Kバレエ カンパニー」(東京都)に所属する石橋奨也さん(29)が、主役級を演じる最高位のプリンシパルに昇格した。2013年に、世界的に著名なダンサー熊川哲也さんが率いる同カンパニーに入団後、主要キャストに次々抜てきされ、近年では主演も務める。

お気に入り登録