レースに脱炭素燃料車続々 実用化へ向けデータ収集

 日産自動車の「フェアレディZ」をベースにした、脱炭素燃料を使う車両=6月、静岡県小山町
 日産自動車の「フェアレディZ」をベースにした、脱炭素燃料を使う車両=6月、静岡県小山町
二酸化炭素(CO2)排出量が実質ゼロの燃料を使った脱炭素燃料車でのレース参戦が国内自動車大手で相次いでいる。既存エンジンの構造を活用できるのが利点で、エンジンを使わない電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)と併せて実用化を模索。レースでの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録