柏崎刈羽原発、稼働見通せず 中越沖地震15年、停止長期化

 柏崎刈羽原発を巡る経過
 柏崎刈羽原発を巡る経過
新潟県柏崎市や刈羽村で震度6強を観測し、15人が亡くなった新潟県中越沖地震から16日で15年となる。東京電力柏崎刈羽原発は全7基で想定を上回る揺れに襲われ、運転中や起動中だった4基が緊急停止した。東電は順次運転再開を進めていたが、2011年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録