「梅雨末期のよう」 天気の崩れ続く、災害警戒

 線状降水帯形成のイメージ
 線状降水帯形成のイメージ
大半の地方で梅雨明けしたはずの日本列島に前線が停滞し、大雨をもたらしている。気象庁は15日、九州全域と山口県に、線状降水帯発生の可能性について初めて予報を発表。担当者が「梅雨末期のようだ」と漏らす天気の崩れは20日ごろまで続く見通しで、災害.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録