【今別・官製談合】落選以降、支援業者に“指名外し” 動機は負い目と囲い込み

今別町発注工事を巡る官製談合事件の初公判では、前町長の中嶋久彰被告が、2013年の町長選で落選して以降、自分を応援してくれた建設業者が、町発注の指名競争入札から外される“指名外し”を受けていたため、負い目を感じて、業者に最低制限価格に関する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録