宗教団体への恨み元首相へ 銃撃の容疑者、入念な計画性 動機不可解、鑑定留置も

 安倍元首相が銃撃された現場近くの献花台に花を手向け、手を合わせる人たち=14日午後、奈良市
 安倍元首相が銃撃された現場近くの献花台に花を手向け、手を合わせる人たち=14日午後、奈良市
安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡してから15日で1週間となった。殺人容疑で送検された無職山上徹也容疑者(41)の供述からは、1年以上に及ぶ入念な計画性が浮かぶ。奈良県警は、手製銃の製造方法や直前の足取りなどの捜査を進めている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録