コロナ感染急増、身構える首相 警戒前面、妙手見当たらず

 新型コロナ対策 岸田首相が直面する課題(似顔 本間康司)
 新型コロナ対策 岸田首相が直面する課題(似顔 本間康司)
新型コロナウイルス感染「第7波」対応が急務となり、岸田文雄首相は夏休みシーズンを前に注意を呼びかけた。参院選を乗り切ったばかりだが、新たな課題に身構える。とはいえ行動制限は選択肢としない方針。警戒感を前面に出すものの政府の打つ手は限られ、妙.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録