Free宿泊割引8月末まで延長/青森、岩手両県

青森県は14日、北海道と東北6県の居住者を対象にした宿泊割引「おでかけキャンペーン」について、同日宿泊分までとしていた対象期間を8月31日まで延長すると発表した。国が実施予定だった「全国旅行支援」の開始延期に伴い、県民割支援の期間を延長したことを受けた対応。

 新規予約の受け付けは7月15日から。キャンペーン内容に変更はなく、1人1泊当たりの宿泊費最大5千円引きと、飲食店や観光物産施設などで使えるクーポン券2千円分が特典。

 利用には、3回の新型コロナウイルスワクチンの接種証明(青森県内居住者は2回でも可)か、PCR検査などの陰性証明の提示が必要。クーポンの利用期間についても、既に配布している分を含め9月1日まで延長する。

 全国的に新型コロナウイルス感染が急拡大しており、県内でも過去最多の更新が続いている。県は事業停止の基準を、県内の感染状況の分類で「レベル3」としているが、現状は「レベル2」のため運用を続けるとしている。

 一方、岩手県も14日、東北6県と北海道の居住者を対象に実施している宿泊割引「いわて旅応援プロジェクト(第2弾)」について、同日宿泊・出発分までとしていた実施期間を、8月31日宿泊・出発分まで延長すると公表。

 青森、岩手両県のほか、北海道と東北4県も宿泊割引キャンペーンを8月31日まで延長すると発表した。

お気に入り登録