地上絵に踏み荒らした跡 ペルー文化遺産

 ペルー南部イカ州で踏み荒らした跡が確認された燭台の地上絵(奥)(ペルー文化省提供・共同)
 ペルー南部イカ州で踏み荒らした跡が確認された燭台の地上絵(奥)(ペルー文化省提供・共同)
【サンパウロ共同】南米ペルーの文化省は13日までに、南部イカ州パラカスにある燭台の地上絵を何者かが踏み荒らしたと発表した。この地上絵は「パラカスのカンデラブロ(枝付き燭台)」と呼ばれるペルーの文化遺産で、太平洋沿いの丘の中腹に描かれている。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録