東京円、一時138円台 24年ぶり円安水準更新/米金融引き締め観測で

 円相場の推移(対ドル)
 円相場の推移(対ドル)
14日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、大手銀行によると一時、1ドル=138円台まで下落した。1998年9月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を更新した。記録的なインフレを抑えるために米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録