「また三沢に来て」 おおぞら小が手紙 車いすラグビーカナダチームに

選手たちへ思いを込めて手紙を書いた児童
選手たちへ思いを込めて手紙を書いた児童
東京パラリンピックに出場した、車いすラグビーカナダ代表チームのホストタウンを務めた三沢市は8日、市立おおぞら小(佐藤修校長)で「ホストタウン相手国・地域へお手紙を送ろう」プロジェクトを行った。6年生13人が自分たちの住む地域や青森県の魅力を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録