「マツカワ」稚魚初出荷 高級カレイ、青森県内で養殖本格化

マツカワの出荷作業を行う関係者=13日、階上町の青森県栽培漁業振興協会
マツカワの出荷作業を行う関係者=13日、階上町の青森県栽培漁業振興協会
魚が取れず青森県内の漁獲量が低迷する中、県が高級魚マツカワの養殖事業を本格化させている。目指すのは知名度が高いサーモンに次ぐような海面養殖魚。種苗を量産し、“つくる”漁業の振興を図る。13日は、階上町の県栽培漁業振興協会(松下誠四郎代表理事.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録