【東電株主代表訴訟】「現場に任せた」「適正」 東電旧経営陣の主張、判決で一蹴

 津波試算を巡る東京電力旧経営陣の対応
 津波試算を巡る東京電力旧経営陣の対応
「適正な手順だった」「現場に任せていた」。東京電力福島第1原発事故の津波対策が問われた株主代表訴訟の判決は、被告の旧経営陣らが口々に責任を否定した主張を一蹴した。 株主側が「キーマン」としたのは原子力・立地本部のナンバー2だった武藤栄元副社.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録