【高校野球青森】強力打線に継投及ばず/三沢商

【三沢商―明の星】4回三沢商2死一塁、下舘拓将が右越えの適時二塁打を放ち、1―6とする=六戸メイプル
【三沢商―明の星】4回三沢商2死一塁、下舘拓将が右越えの適時二塁打を放ち、1―6とする=六戸メイプル
7年ぶりの甲子園を目指した三沢商の夏が終わった。相手の強力打線の前に3人の継投も及ばず、9失点。特にビッグイニングをつくられた三回が悔やまれる展開となった。堀亜門主将は「3、4失点以内に抑える予定だった。プランが狂ったことでプレーに焦りが生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録