【ウクライナ侵攻】本撤去、進む脱ロシア語 「まるで焚書」批判も

 古本市で本を売るワシルさん=4日、ウクライナ・リビウ(共同)
 古本市で本を売るワシルさん=4日、ウクライナ・リビウ(共同)
ロシアに侵攻されたウクライナで、ロシア書籍の輸入や出版が禁じられ、図書館や書店からの撤去が進んでいる。ウクライナにはロシア語話者も多いため、文化面での「脱ロシア」の動きに困惑する市民も。インターネット上では、まるで焚書(ふんしょ)との批判も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録