よろい姿、人力車…日本文化満喫 3年ぶり、三沢基地でジャパンデー

よろいを身に付け、高校生ボランティアと写真撮影する参加者
よろいを身に付け、高校生ボランティアと写真撮影する参加者
米軍三沢基地の人々に日本文化を紹介する交流イベント「ジャパンデー」が9日、同基地内で開かれ、日本の伝統文化に親しんだ。 民間交流を続ける三沢国際クラブ(三上博利会長)が主管し、34回目。昨年とおととしは新型コロナウイルスの影響で関係者のみが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録