時評(7月12日)

街頭演説中の自民党の安倍晋三元首相が凶弾に倒れた衝撃が広がる中、第26回参院選の投開票が行われ、自民、公明の与党が勝利した。 今回の選挙は、民主主義の根幹である選挙が暴力の挑戦を受けたあしき実例として歴史に記録されるだろう。各陣営が凶行翌日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録