【参院選】自民、最後まで優位な情勢 野党、批判受け皿になれず

 参院選トレンド調査
 参院選トレンド調査
共同通信社は参院選に対する有権者意識の変化を探るため、公示直前から10日の投票日直前までの間に、3回にわたり電話世論調査(トレンド調査)を実施した。8、9両日の第3回調査で、比例代表の投票先は自民党が30・0%と1・7ポイント上昇。選挙区も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録