【グラフ】ほのぼの作品の世界体感 八戸市美術館「まるごと馬場のぼる展」

たっぷりと展示された『11ぴきのねこ』シリーズの挿絵は名場面ぞろい。観覧客は一枚一枚に足を止めながら、ユーモラスでかわいらしいねこたちの姿に見入っていた
2日から八戸市美術館で始まった「まるごと馬場のぼる展」。三戸町出身の漫画家、故馬場のぼるさんの作品や資料が多数展示され、そのほのぼのとした世界観を体感できる内容となっている。また、会場の至る所に代表作『11ぴきのねこ』のキャラクターが登場。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録