【南部氏誕生 光行と「鎌倉殿」の時代】(7)光行登場

源頼朝が「武士の都」鎌倉の中心に据えた鶴岡八幡宮=神奈川県鎌倉市
源頼朝が「武士の都」鎌倉の中心に据えた鶴岡八幡宮=神奈川県鎌倉市
鎌倉幕府の歴史書『吾妻鏡』に南部光行の名が初登場するのは、平家滅亡から4年後の文治5(1189)年6月9日、源頼朝が鎌倉・鶴岡八幡宮で行った塔供養の記事だ。頼朝に従う武士に「信濃三郎光行」(信濃守である加賀美遠光の三男光行)がいる。 光行を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録