【参院選岩手】解説・県政界の勢力争い激化

参院選岩手選挙区は、自民党新人の広瀬めぐみ氏が立憲民主党現職の木戸口英司氏を破り、初当選を飾った。自民は岩手県内で30年ぶりに参院の議席を獲得。長らく反自民勢力が影響力を誇示してきた岩手県内にあって、政界の地殻変動がさらに進んでいることを印.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録