【参院選青森】解説・野党の存在意義を示せ

野党が有する青森県内唯一の国政の議席を巡り、立憲民主党と自民党が激突した参院選青森選挙区。岸田文雄政権の中間評価であると同時に、県政界の潮流を占う重要な戦いだった。 事実上の一騎打ちを制したのは、立民現職の田名部匡代氏。自民から議席を奪取し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録