時評(7月10日)

在日米軍が東北町の小川原湖で訓練できる水域が、10月まで一時的に拡大した。今年5月に行われた日米合同委員会の合意に基づく。日米同盟を踏まえた措置なのだろうが、最優先されるべきは安全管理の徹底と適切な情報提供である。 米軍に提供される訓練可能.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録