【高校野球青森】田名部、開幕飾れず 併殺プレーで意地見せる

開幕試合に臨んだ田名部の1時間54分の“夏”が終わった。攻守で力を出し切れず、13失点零敗。二塁の中村風(2年)は「先輩たちと少しでも長く試合がしたかった。力及ばず悔しい」と涙を流した。 「守りから攻撃のリズムをつくりたい」―。そう意気込ん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録