【参院選】投票率、連続50%割れ懸念も 与野党、無党派層の動向注視

 年代別の内閣支持傾向
 年代別の内閣支持傾向
参院選の投票率が注目される。物価高騰など暮らしに身近な問題が主要争点だが、関係者の多くは「白熱しているとは言い難い」との認識で一致する。前回2019年の投票率は48・80%と過去2番目の低さで、連続50%割れの懸念も出る。最終盤の追い込みに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録