【廃液冷却一時停止】バルブは「誤認しやすい状況」/原燃

日本原燃は8日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)で2日に高レベル放射性廃液貯槽が一時冷却できなくなったトラブルについて、2系列ある冷却水設備の仕切り弁を開閉するバルブが、操作する場合に誤認しやすい状況にあったことを明らかにした。人為的な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録