Free【新型コロナ】岩手で「BA・5」初確認 新たな派生型、3人感染

岩手県は8日、6月28日~7月4日に公表した県内の新型コロナウイルス感染者3人から、オミクロン株の新たな派生型「BA・5」が検出されたことを明らかにした。県内初確認。

 BA・5について県は、8日の対策本部の会合で、今後、置き換わりが進むだろう―との認識を示した。

 県によると、県内では1日当たりの新規感染者数が3日連続で200人を超えた。6月30日~7月6日に感染が確認された742人を調べたところ、教育・保育施設や学校、家庭などからの感染が多数を占めた。10歳未満から40代までが全体の約8割に上った。

 達増拓也知事は感染者の増加傾向がみられることから、県民に基本的な感染対策を徹底するよう呼びかけた。

お気に入り登録