思い出たくさん「こま温泉」 燃料高騰で休業余儀なく/三戸

休業を惜しむ客とあいさつを交わす溝口泰助社長(右奥)
休業を惜しむ客とあいさつを交わす溝口泰助社長(右奥)
三戸町で33年にわたり営業してきた公衆浴場「こま温泉」が6月末で休業した。同町唯一の公衆浴場として町内外からの人でにぎわっていたが、燃料高騰で採算が合わなくなり、苦渋の決断を迫られた。最終日は多くの常連が訪れ、なじみの湯に漬かった。 こま温.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録