天鐘(7月8日)

当時も今頃の季節に詠んだのだろうか。江戸中期の俳人に一句がある。〈日につれて咲き登りけり立葵(あおい)〉。夏空に向かって真っすぐに伸び、上へ上へと咲いていく姿を映している▼「立葵」は人の背丈以上にもなる多年草で、図鑑表記ではタチアオイ。梅雨.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録