時評(7月8日)

「人工妊娠中絶の憲法上の権利を認めない」とする米連邦最高裁の判決は米内外に衝撃を与えた。バイデン大統領が「悲劇的な間違い」と批判、各国首脳らも懸念を示すなど、女性の自己決定権を後退させる判断だったことは否めない。 背景には最高裁の保守化があ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録