男に懲役16年求刑、弁護側は無罪主張/三沢・元妻殺害公判

昨年11月、三沢市内で元妻を絞殺し、交通事故を装った車内に放置したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職の男(38)=同市=の裁判員裁判の論告求刑公判が7日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。検察側は懲役16年を求刑、弁護側は無罪を求めて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録