比のマグロ対日輸出に打撃 原油高と円安、漁獲も低迷

 フィリピン南部ジェネラルサントスの市場で、キハダマグロを並べる従業員=6月21日(共同)
 フィリピン南部ジェネラルサントスの市場で、キハダマグロを並べる従業員=6月21日(共同)
フィリピンの「マグロの首都」と呼ばれるミンダナオ島南部ジェネラルサントスのマグロ市場で、キハダマグロの対日輸出が円安と原油高で打撃を受けている。漁獲が低迷し、漁船の燃料高騰で地元漁業者は生計が苦しく、一部はキハダ漁を断念。日本の買い付け業者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録