【ウクライナ侵攻】大量の地雷、市民に脅威 不発弾処理も追い付かず

 ウクライナ北部キーウ州で、地雷撤去作業に当たるマリナ・ラブネッツさん=(国家親衛隊提供・共同)
 ウクライナ北部キーウ州で、地雷撤去作業に当たるマリナ・ラブネッツさん=(国家親衛隊提供・共同)
激しい戦闘の末、4月初旬までにロシア軍部隊が撤退したウクライナ北部では、大量の地雷や不発弾が戦闘の爪痕として残り、市民にとって重大な脅威になっている。知らずに触れて犠牲になった市民もいる。当局は撤去作業を急ぐが、その範囲は広大で、発見と安全.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録