濃厚、ぷりぷり 野田小児童、給食で荒海ホタテ味わう

荒海ホタテを使った給食を食べる野田小の児童
荒海ホタテを使った給食を食べる野田小の児童
野田村立野田小(佐藤隆司校長)で5日、村の特産品「荒海ホタテ」に関する学習会が開かれ、5年生22人が特徴や生産方法を学んだ。給食には荒海ホタテを使ったメニューが提供され、児童たちが濃厚でぷりぷりの食感を味わった。 地元漁師や村漁協、村などで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録